【東京】展示会ブースの装飾デザインや運営を依頼するのにおすすめの会社5選!【口コミでも評判の業者を厳選比較!】

展示会におけるパースとは何?展示会用語を知っておこう

公開日:2024/03/15  最終更新日:2023/11/01

用語

展示会における「パース」とは、展示会ブースの装飾イメージを視覚的に表現するためのツールです。多くの場合、3Dコンピュータグラフィックス(3DCG)を使用して作成され、その際には「CGパース」とも呼ばれます。展示会の成功には、魅力的なパースが重要であり、ブランドや商品を際立たせるのに役立ちます。

展示会におけるパースとは何か

展示会におけるパースとは、展示会ブースの装飾イメージを視覚的に表現するためのツールで、主に3DCGを用いて作成されるものです。このCGパースは、大規模な展示会や見本市などで活用されています。展示会開催日の6ヶ月前からの準備が理想的と言われており、企業は展示会への参加が決まったらすぐにブース装飾の計画に着手します。

パースを早い段階から作成することで、パネルやテントのサイズなどを明確にイメージでき、無駄な装飾アイテムの購入を削減することが可能です。また、展示会において、ブースは製品やサービスのプレゼンテーションにおいて極めて重要であり、適切な装飾が成功の鍵となります。

展示会パースはどこに依頼する?

展示会パースの依頼先を選ぶ際には、ニーズや予算に合わせた最適な選択肢を検討することが重要です。以下は一般的な依頼先の選択肢とその特徴です。

デザイン会社

デザイン会社は、ブースの視覚的な魅力に重点を置きたい企業に向いています。プロのデザイナーが自社のコンセプトを理解し、魅力的なデザインを提案してくれます。デザインにこだわりがある場合、デザイン会社がおすすめです。

広告代理店

広告代理店は、集客に重点を置きたい企業に向いています。広告戦略を総合的に検討し、展示会における広告、ブース装飾、カタログ、ウェブ広告などを一貫して任せることが可能です。ただし、幅広いサービスを提供するため、コストは高めになる場合があります。

ブース装飾会社

ブース装飾会社は、コストを抑えつつ効果的なブース装飾を望む企業に適しています。経験豊富な専門家がブースのデザインと装飾を考えてくれるため、展示会経験が浅い企業にとっては頼りになります。ただし、なかには装飾のみに特化している企業もあるため、提供範囲を確認しておく必要があります。

印刷会社

展示会でのポスターやチラシの印刷物を必要とする場合は印刷会社が適しています。一部の印刷会社は、企画から印刷、集客、当日の運営、分析まで包括的なサービスを提供しているケースもあります。

展示会パースを依頼する際の注意点

展示会パースを依頼する際、以下の注意点を確認するのが重要です。

予算について

展示会ブースの予算は、会場の規模、区画の広さ、装飾の種類、納期に依存します。事前に予算を決め、複数の業者から見積もりを取得しましょう。大まかな予算が決まっている場合、見積もり段階で業者に伝え、予算内でどこまで対応できるかを確認しておくことをおすすめします。

アフターフォローの確認

展示会終了後のアフターフォローも重要です。一部の業者は、名刺データの整理や報告書の作成など、展示会の成果を評価するための支援をおこなっています。展示会の効果を検証し、その後のマーケティング活動に生かすためにもアフターフォローの内容を確認しましょう。

デザイン力の比較

自社のブランディングを重視する場合、デザイン力が重要です。競合他社との差別化を図るために、展示会ブースのデザイン経験が豊富な業者を選びましょう。業者によっては、デザインの事例集を提供している場合があるので、打ち合わせの段階で確認することをおすすめします。

また、見積もり段階でブースの完成予定図を提供できる業者も、プロジェクトの進行をスムーズにするのに役立ちます。展示会パースの依頼は、展示会の成功に向けて重要なステップです。これらの注意点を考慮し、最適な業者を選び、ブース装飾を効果的に実現しましょう。

まとめ

展示会ブースは企業や製品の顔とも言える存在であり、魅力的なパースと装飾は来場者の注目を引き、競争の激しい展示会で差別化を図る手助けとなります。適切な業者選定と予算管理は、成功への道を切り拓く鍵です。事前に計画を練り、最適な選択をするために時間をかけましょう。そして、展示会が成功することで、新たなビジネス機会や顧客獲得への道が広がるでしょう。

サイト内検索
記事一覧