【東京】展示会ブースの装飾デザインや運営を依頼するのにおすすめの会社5選!【口コミでも評判の業者を厳選比較!】

展示会ブースでは、まずコンセプトを決めよう

企業にとって展示会は、新規の顧客を獲得できる大チャンスです。

特に初めて出展される場合は、他社に負けないように目立つ展示会ブースを設置しようと考える方がいます。

しかし、展示会で大盛況になったり、新規顧客を獲得できる企業は、必ずしも目立つブースを設置しているとは限りません。

初めて展示会を出展される方は、どのようなことに注意するべきか参考にしてみて下さい。

 

展示会はコンセプトを決めてから行動する

展示会は多くの企業が出展し、多くの来場者で賑わうため、非常に忙しくなります。

その中で、自社製品をアピールしたり、新規顧客を獲得することは簡単なことではありません。

企業はまず、展示会の出展を企画する場合は、必ず誰もが分かりやすいコンセプトを決めることが大切です。

コンセプトがない場合、ブース内も統一感がなくなり、企業アピールの場としてもったいないです。

また、自社製品全てや複数アピールしたい場合、スタッフの対応に統一感がなくなる可能性があります。

この場合、特定の製品を決め、その製品に絞りアピールするというのも一つです。

来場者の方達は、複数の出展ブースに足を運ぶため、一つのブースに長居することは考えにくいです。

そのため、足を止めた数分の間に自社製品を知ってもらう必要があります。

自社製品を絞ることで、スタッフ内で統一した来場者への対応や自社製品アピールを行うことが可能です。

また、初めて展示会出展する場合は、企業名を覚えて帰ってもらうだけでも十分に効果があります。

展示会では、企業の名前や内容を一日の間で多くの来場者に知ってもらうことが可能です。

企業名を覚えてもらい、自社製品まで知ってもらえれば大成功といえます。

展示会に出展する具体的な目的を明確にすることで、スタッフ同士一丸となり、来場者対応を行うことが可能となります。

展示会ブースは目立つより分かりやすいが大切

展示会のブースは必ず目立つ必要はなく、自社製品が分かりやすいブースを設置することが大切です。

企業によっては、目立つために個性的なブースや、見栄を張ったブースを設置している場合があります。

来場者の年齢層が若い場合は、派手なブースなどは足が止まりやすく、効果があるかもしれません。

しかし、年齢層が高い場合や本物志向の場合は、派手なブースより興味のある製品や商品を探して来場している場合が多いです。

そのため、遠くから見てもすぐに自社製品が伝わるブースにすることが、最もアピールとして効果的です。

また、ブース自体ではなく、自社製品自体に関心を持って足を運んでいるため、商談に繋がりやすい来場者が多く集まり非常におすすめです。

ブースを派手にした場合は、興味関心を持った人達で盛況に見えることもありますが、商談の話までできる来場者が少ない可能性もあります。

大切なことは、展示会のブースの華やかさよりも、自社製品のアピールです。

ブースだけが目立たないように注意しましょう。

展示会のブースはプロの業者に依頼する

展示会の企画や設置は自社内で全て行うことも可能です。

しかし、初めての出展の場合や、出展回数が少ない場合はおすすめしません。

展示会業者は展示会におけるプロのため、展示会の運営をスムーズに行うためには必要不可欠な存在です。

特に初めての展示会出展では、質問やアドバイスを聞ける存在がいるかいないかでは、結果が大きく違ってきます。

そのため、業者に依頼することを検討してみましょう。

展示会業者に依頼する場合は、展示会に出展する目的や、今回のコンセプトなどを端的にまとめて、業者の方とスムーズに打ち合わせするための準備をしておくことが大切です。

 

展示会の運営や企画は、自社内で行わず、プロの展示会業者に依頼することが大切です。

プロの意見を聞きながら、来場者に興味を持ってもらえるような展示会ブースを設置しましょう。

また、ブース自体が目立つことよりも、自社製品が十分にアピールできるようなブース作りを意識しましょう。




サイト内検索
記事一覧