【東京】展示会ブースの装飾デザインや運営を依頼するのにおすすめの会社5選!【口コミでも評判の業者を厳選比較!】

展示会はどれくらい存在する?参加者や場所についても解説

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/11/01

展示会 参加者

展示会はビジネスシーンにおいて、業界の最新情報や技術を共有し、商談の場として非常に価値のあるイベントとなっています。参加者は、情報収集や新しいビジネスチャンスを求めて展示会に足を運びますが、その背景や立場は多様です。この記事では、展示会の現状、参加者の特性、そして開催場所について解説します。

展示会はどれくらい開催されているのか

日本で年間に開催される展示会の数は、おおよそ600から1,000件にのぼるといわれています。しかし、実際には地方の小規模な展示会や、複数の展示会が同時に開催されるケースが増えてきたことから、正確な数を特定するのは難しい状況となっています

これらの展示会は、企業や団体が主な顧客となる場面での開催が中心となっており、様々な業界が対象です。工業会や業界団体が最も多く、続いて出版社、放送局、新聞社などが主催となっています。特定のテーマや業種を選び、関連する企業や団体を集めて展示会を開催しています。

展示会にはどんな参加者がいる?

展示会に訪れる参加者たちは、大部分が企業の中間管理職や若手社員で構成されています。多くは、単に購入を目的とするのではなく、最新の技術やノウハウに関する情報を収集することを目的としており、具体的な詳細よりも概要を理解することを求めています。

このような参加者の傾向を理解すると、展示会が単なる販売の場ではないことが明確です。むしろ、参加者は展示会で得た情報をもとに、社内の関係者との議論や検討を重ねることで、後日の商談や購入へと繋げることを期待しています。そのため、展示会の会場で即座に商談が進行し、購入に至るケースは稀です。また、多くの参加者が新しい情報や製品を見つけたいという思いで、会場内を探索しています。

よくある開催場所とは?目的にあった展示会を選ぼう

展示会を最大限に活用するためには、開催場所と出展の目的をしっかり理解することが必須です。ここでは、主要な開催場所と、効果的な展示会選びのポイントについて解説します。

主要な開催場所

関東地方では、東京ビッグサイトや幕張メッセ、そしてパシフィコ横浜が展示会の中心的な会場として挙げられます。一方、関西地方ではインテックス大阪が主要な会場の1つです。これらの会場は、大型の展示会が頻繁に行われるため、出展企業や来場者の数も多く、規模の大きな展示会では来場者数が50万人を超えることもあります。

大きな会場では、ブースの位置や大きさによって出展料が異なるため、どの場所で出展するかは企業のブランディングやリーチ効果に大きく影響します。

展示会選びのコツ

展示会に出展する際、最も大切なのは目的とターゲットを明確にすることです。目的とターゲットが不明瞭だと、展示会の真の価値を引き出すことが難しくなります。具体的には、展示会で得たい効果や、ターゲットとする来場者の特徴を事前にしっかりと定義しておくことが必要です。

一般的な展示会出展の目的としては、営業案件の獲得、ブランドの認知度向上、既存顧客とのリレーションの強化などが考えられます。目的をもとに、具体的なターゲットを絞り込むと、展示会の効果を最大化することが可能です。

まとめ

展示会はビジネスの交流の場として、日本全国で年間約600~1,000件のペースで続々と開催されています。多岐にわたる業界がテーマとして扱われ、企業や団体が主な顧客となるものが中心です。参加者は主に企業関係者で、情報収集や新技術の探求を主目的としています。出展企業はニーズに答え、効果的なブース運営を心がける必要があります。開催場所は、関東では東京ビッグサイト、関西ではインテックス大阪などの大規模会場が中心です。成功の鍵は、出展の目的とターゲットを明確にすることです。展示会は、業界トレンドの把握と新ビジネスチャンスの発掘の重要な場として位置付けられています。

サイト内検索
記事一覧