【東京】展示会ブースの装飾デザインや運営を依頼するのにおすすめの会社5選!【口コミでも評判の業者を厳選比較!】

目立つブースにしたい!展示会にデジタルサイネージを活用するメリット

公開日:2023/12/01  最終更新日:2024/02/15

デジタルサイネージ

展示会にデジタルサイネージを活用するメリットをお伝えします。インパクト抜群の映像で、商品やサービスをアピールできるデジタルサイネージを、自社製品の魅力を伝えるために展示会での導入を検討している方も多いのではないでしょうか。デジタルサイネージはどのようなものなのか、活用するメリットと一緒に詳しく紹介します。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、デジタル機器を用いて映像コンテンツを配信する仕組みです。従来のポスターや看板などに代わり、駅や店舗、オフィス、商業施設など、さまざまな場所で見かけるようになった広告媒体のひとつです。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、ディスプレイやプロジェクターなどのデジタル機器を用いて、映像コンテンツを発信する仕組みを指します。豊富な情報をタイムリーに発信できるため、幅広い業種で導入されているシステムです。

駅や店舗、オフィス、商業施設、病院、学校、交通機関など、あらゆる場所で活用されています。

展示会でデジタルサイネージを活用するメリット

展示会でデジタルサイネージを活用することで、自社の商品やサービスの魅力を効果的にアピールできたり、限られたスペースで複数の情報を発信できたりなどのメリットが期待できます。

インパクト抜群で目立つブース

大画面のディスプレイやLEDビジョンなどを用いて、インパクト抜群の迫力ある映像で来場者へアピールできます。さまざまな企業が集まる展示会では、自社のブースが目立たず、来場者に気付いてもらえないことも少なくありません。

来場者に興味を持ってもらえるように、目立つ演出で注目を集めることも重要なポイントです。存在感がある大画面ディスプレイで、遠くの来場者へのアピールも可能です。ブースの集客率アップも期待できるでしょう。

商品やサービスの魅力が伝わりやすい

映像やスライドショー、ナレーション、テロップ、アニメーション、音楽など、多種多様なコンテンツで情報を発信できるため、商品やサービスの魅力が伝わりやすいメリットがあります。

従来のポスターや看板と比較すると、映像などで分かりやすく簡潔に魅力をアピールできるため、アイキャッチ効果が高くインパクトも抜群です。効果的なプロモーションが期待できるでしょう。また、タッチパネル機能で、多言語に対応した情報発信も可能です。

限られたスペースで複数の情報を伝えられる

展示会の限られたスペースでも、スライド表示やタッチパネル機能を活用することで、複数の情報を1つの画面で表示可能です。省スペースを有効活用して、効率的に情報を発信できます。

デジタルサイネージのレンタルの費用相場

デジタルサイネージのレンタル費用の相場を紹介します。

レンタルの費用相場

レンタルするディスプレイの仕様や機能によって費用は異なります。屋内用ディスプレイのレンタル費用の目安は、以下の通りです。

【屋内用ディスプレイ】

・1日:1万~2万円

・1週間:2万~3万円

・1ヶ月:4万円~

【屋内用タッチパネル】

・1日:2万~3万円

・1週間:3万~4万円

・1ヶ月:7万~8万円

短期間であればディスプレイのレンタルで、コスト削減も期待できます。

まとめ

この記事では、展示会にデジタルサイネージを活用するメリットをお伝えしました。デジタルサイネージとは、デジタル機器を用いて映像コンテンツを配信する仕組みです。展示会で活用することで、自社の商品やサービスの魅力を伝えやすくなるでしょう。大画面やLEDディスプレイによるインパクト抜群の演出で、来場者の注目を集める効果が期待できます。展示会の自社ブースを目立たせたい方は、デジタルサイネージを活用して、集客率アップが期待できるインパクト抜群のブースにしてみてはいかがでしょうか。

サイト内検索
記事一覧